宮城県 仙南地域(角田市・伊具郡・柴田郡・亘理郡・白石市・岩沼市)の墓石購入は【お墓のおかだ】へご相談ください

終活で抑えておきたい知識

終活で抑えておきたい知識

自然葬とは

一般的な従来の石で作ったお墓ではなく、お骨を直接自然へ返す散骨方法で、自然に回帰させる葬り方全般を指すそうですが、その中でも認知されているのが【樹木葬・海洋葬・宇宙葬】です。

自然葬(散骨など)に置けるメリット

一般的なお墓への埋葬よりも費用がかからないことが多く、遺骨が残らない方式が多いために、土地の使用権の取得や墓石の購入の必要がありません。管理費を支払う場合でも、比較的安価であることが多いそうです。継承者が不要なのでお墓の管理の問題にも悩むこともなく、宗旨・宗派も不問です。

故人の趣味や好きであった遺志を尊重する(山や海または、星や宇宙に憧れ趣味であったなど)葬儀や供養方法などの選択肢の幅が広がりました。樹木葬の場合にも好みに合わせて、桜やモミジ、ハナミズキなど様々な種類の植物から選ぶことができるようで、契約内容によっては、ご住職さんが定期的に読経して供養してくださり、花が咲く頃に故人を思い出して、花見がてらお参りを出来ることが人気の要因のようです。いずれも継承者は不要ですが、最終的に合葬される形式が多いようです。

自然葬(散骨など)に置けるデメリット

一度埋葬すると遺骨を取り戻すことが出来ない場合がほとんどで、手を合わせる明確な場所も無くなることや供物(花・お茶・水)のお供えと線香をあげられないといった問題もあります。親類縁者の全ての同意が無いようですと、故人の意思とはいえ、遺族が白い目で見られる可能性もあります。

その中でも、樹木葬では、自然災害により、樹木が折れたり、枯れたりすることもあります。また、墓地の管理体制が不十分だと荒廃(こうはい)します。いずれ合葬されるため参拝する場所が無くなる上に、共用の献花台となりますから、限られたスペースしかありません。(お参りの際に、お花が挙げられないことも考えられます。)

なお、公営墓地は抽選がとても高く高倍率なので、取得が難しいのも問題のようです。経営がずさんであった場合には、民営の墓地は撤去の可能性もあるそうです。樹木の撤去はお墓に比べて簡単な点が不安要素でもあります。

上記踏まえて後悔なされない様十分な考慮が必要です。

 

ご質問・お見積もりはお気軽にどうぞ